RSS

中国衣料OEM大手の申洲国際、ベトナム新工場に1億米ドル投資

2013年5月30日(木) 16時47分(タイ時間)
【中国】中国衣料OEM大手の申洲国際集団HD(2313/HK)は28日、ベトナム南部のタイニン省で工場用地(83万8307平米)を賃借する契約を結ぶことで相手方と合意したと発表した。契約期限は2058年。ベトナム当局の承認を待って着工する。

 2058年までの総賃料は2096万米ドル(約1億6348万香港ドル)に設定された。平米当たり25米ドルとする。基礎インフラのメンテナンス費として、このほか1カ月当たり0.03米ドル/平米を負担する必要がある。

 新工場の投資総額は1億米ドル(約7億8000万香港ドル)。年間生産能力は布生地で約5万5000トンを見込む。

 申洲国際の主要顧客は、カジュアル衣料専売店「ユ二クロ」を展開するファーストリテイリング(9983/東証)など外資大手。OEM方式でファーストリテイリングのほか、アディダス、ナイキ、プーマなどの顧客向けに衣料製品の製造を代行している。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報