RSS

IMFとOECD、中国の経済成長見通しをそろって引き下げ

2013年5月31日(金) 15時22分(タイ時間)
【中国】国際機関の間で、中国の経済成長見通しを下方修正する動きが相次いでいる。

 29日には国際通貨基金(IMF)と経済協力開発機構(OECD)が13年の成長予想をそれぞれ、8.0%→7.75%、8.5→7.8%に引き下げた。その理由についてIMFは、「世界景気の鈍化が中国の輸出にマイナス影響を与えるため」と説明。一方、OECDは「世界的な景気不透明感がくすぶる下で、内需が弱いため」としている。

 下方修正の理由は両者で相違があるが、景気の悪化を防ぐため、今後の政策出動余地は大きいとの見方は一致している。OECDは「インフレ予想の低さは、金融緩和の余地を提供するもので、財政政策の拡張を続けることも可能」と指摘。またIMFは、「マイナス影響を及ぼす国際的な出来事が発生したとしても、中国は依然として多くの政策を打ち出す余地があり、対応できる財政力もある」と解説した。そのうえで、「経済成長率が予想を下回れば、所得の引き上げや個人消費刺激につながる財政刺激策をとるべき」と提言している。

 IMFはまた、地方政府の債務問題に言及。IMFの試算では、地方政府債務の対GDP比は50%近くに達し、昨年の10%を大きく上回る規模に膨らんだという。これについてIMFは、「安全で制御可能な範囲」としながらも、徐々に政府の赤字規模を減らすとともに、地方政府の資金調達会社の監督を強化するよう求めた。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報