RSS

統一企業中国の親会社に食品安全問題が浮上、工業用原料を使用か

2013年6月4日(火) 13時16分(タイ時間)
【中国】統一企業中国HD(ユニプレジデント・チャイナ:220/HK)親会社の統一企業(1216/TW)に食品安全問題が浮上した。

 原材料の調達先である食品材料メーカーの立光農工公司(台南市)について、「コスト削減のため原料に工業用エチレンジアミン四酢酸を混入していた」との疑いが強まっている。統一企業は過去6年間にわたって統一プリン、豆花などの7製品に立光農工製の原料を使用していたという。複数の地元メディアが3日付で伝えた。

 一方、統一企業は食品安全に関する観測報道を否定。「立光農工製の問題原料を使用していない」とする声明を発表した。ただ安全面を考慮し、念のため対象7製品を現地のスーパー、小売店から回収する。同時に生産を一時的に停止すると説明した。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報