RSS

中国:ヤマダ電機の天津店、7月1日に閉店へ

2013年6月5日(水) 13時57分(タイ時間)
【中国】ヤマダ電機(東証1部/9831)の天津市店舗はこのほど、7月1日付で閉鎖すると発表した。法律に基づいた家電機器のアフターサービスは当面持続する。

 店内では、在庫一掃の割引セールが開始された。ポイントカードも使用可能とする。同店舗は南京路歩行者天国と浜江道歩行者天国の交差する繁華街に出店。家電のほか化粧品や玩具、日用雑貨などが取り扱われている。

 中国2店舗目の「亜瑪達(ヤマダ)電器天津店」は、2011年6月10日に開業。5階建てで店舗面積1万5000平米と、オープン当初は市内最大の小売店となった。ヤマダ電器の海外1号店舗は遼寧省の瀋陽市にある。店舗面積2万4000平米で2010年12月に開業した。

 すでに今年5月31日、南京市内の中国3号店舗を閉鎖している。面積は1万6000平米。12年3月に南京店としてオープンしたものの、尖閣問題をめぐる対日感情の悪化が大きな逆風となったという。南京店の閉鎖を発表した4月下旬には、「瀋陽市と天津市の残り2店舗は今後も営業を継続する」と説明していた。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報