RSS

中国:吉林省徳恵の鶏肉工場火災、犠牲者数が120人に拡大

2013年6月5日(水) 13時57分(タイ時間)
【中国】吉林省徳恵市内の鶏肉加工工場で発生した大火災の犠牲者数が3日午後8時00分(現地時間)までに合計120人に拡大した。焼け跡から相次いで犠牲者が見つかっている。負傷者数は70人に膨らんだ。

 現場は同市米沙子鎮の吉林宝源豊禽業公司。事故は同日午前6時6分ごろに発生し、少なくとも3回の爆発音が聞かれたとされる。当時は従業員300人あまりが作業に携わっていた。多数の負傷者も出ている。

 火災は午前11時ごろまでに消し止められた。一夜明けた現在も現場では救援・捜索活動が続けられている。出火原因は調査中だが、警察当局は「液体アンモニアが爆発した可能性がある」と指摘した。また法人代表が当局に身柄を拘束されたほか、国務院も特別調査チームを立ち上げたとの情報もある。

 吉林宝源豊禽業は2009年9月、登録資本金500万人民元で発足した。従業員総数は約1200人。2010年時点の総資産は6227万人民元、年間の売上高は約2億7000万人民元。養鶏場の運営も手がける。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報