RSS

タイ財閥CP傘下の上海のスーパー、偽装羊肉販売=地元TV報道

2013年6月6日(木) 13時33分(タイ時間)
【中国、タイ】タイ大手財閥のCPグループが経営するスーパーマーケット「卜蜂蓮花超市(CPロータス)」の上海市内店舗で、偽装羊肉が販売されていた事実が分かった。

 当局が各大手スーパーの商品をサンプル検査したところ、羊肉成分が全体の5%に満たない偽造羊肉を発見。うち大部分は卜蜂蓮花超市で販売されていたことが判明した。少数は楽購(テスコ)でも売られていたという。地元メディアの上海電視台が4日に報じた。

 生産者は上海和旺食品公司。「和旺」ブランドで偽装肉を出荷していた。上海和旺食品の責任者によると、偽装肉は確かに扱っていたものの、2カ月あまり前に生産を停止。すでに外部には販売していないという。冷凍肉製品の消費ピークは毎年の春先まで。卜蜂蓮花超市を除く多くのスーパーは、すでに3月までに在庫を処分したとみられる。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報