RSS

うどんの「宮武讃岐製麺所」とピザ店「ピザーラエクスプレス」、タイに進出

2013年6月6日(木) 13時42分(タイ時間)
契約調印式の画像
契約調印式
契約調印式の画像
契約調印式
【タイ】タイの食肉大手ベタグロは宅配ピザや外食店を手がけるフォーシーズ(東京都港区)とタイに合弁会社を設立し、タイでうどん店「宮武讃岐製麺所」とピザ店「ピザーラエクスプレス」を展開する。

 合弁会社は「ベタグロ・ファースト・コレクション」で、ベタグロが60%、フォーシーズが30%、ボストン・トレーディングが10%出資。4月に合弁契約に調印した。現在、バンコク都内で店舗の内装工事を進めている。

 フォーシーズは「ミシュランガイド東京・横浜・湘南2013」で3つ星を獲得したフランス料理店「ジョエル・ロブション」、宅配ピザ「ピザーラ」、ピザ・パスタ専門レストランチェーン「トゥ・ザ・ハーブズ」など多数の宅配・外食チェーンを展開。

 ベタグロは1967年設立。鶏肉、豚肉、飼料が中心で、年商約600億バーツ、従業員2・5万人。味の素、住友商事、大日本住友製薬、伊藤ハム、丸大食品などと合弁事業を行っている。
《newsclip》


新着PR情報