RSS

中国:アモイ市でバス放火、47人が犠牲に

2013年6月11日(火) 15時03分(タイ時間)
【中国】福建省沿海部のアモイ市内を走るバスが炎上し、乗り込んでいた乗客47人が死亡する事件が7日夜に発生した。

 高さ約10メートルの高架上で火災が起き、その約10分後に爆発したとされる。帰宅途中のサラリーマンなどが多く乗車していた。ガソリンとみられる可燃物を持ち込んだ容疑者が放火し、自らも焼死したとみられる。34人の負傷者も出た。

 高架上の専用レーンを運行する同バスは、「バス高速輸送システム(BRT)」と呼ばれる。

 容疑者の陳水総は、市内の思明区局口街24号に住む。警察犬を使用し、当局は8日から本格的な捜査に着手した。容疑者の自宅では遺書などが見つかったため、自殺の可能性が高い。1954年生まれの容疑者は、定職に就いていなかった。生活に困窮する状態で、当局に何度も通って補助金を増額するよう要求していたとされる。近隣住民の話をまとめると、「大人しく真面目な人柄」と評価する声がある一方、「激昂しやすく自暴自棄になりやすい危険人物」と説明する見方もあるようだ。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報