RSS

経営破たんのフィットネス会社、タイ国外に16億バーツ送金

2013年6月12日(水) 03時26分(タイ時間)
【タイ】タイ資金洗浄取締委員会事務局は7日、経営破たんしたタイのフィットネスクラブ運営会社カリフォルニア・ワオ・エクスペリエンスが2002年から今年にかけ、多額の赤字を計上する一方、総額16億バーツを国外に送金した疑いがあると明らかにした。

 送金に関与したのは創業者の米国人ら10人ほどとみられている。資金洗浄委は不正の疑いが濃厚だとして警察に関係者を逮捕するよう呼びかけた。

 カリフォルニア・ワオは2000年創業、2005年にタイ証券取引所(SET)に上場した。赤字を出しながら急拡張を続け、2011年に経営が破たんした。負債総額は2011年末で13・1億バーツ。今年5月に中央破産裁判所から破産宣告を受けた。

 同社に対しては、金融機関が債務返済を求めているほか、会員約1700人が会費などの損害5300万バーツの賠償を要求している。
《newsclip》

特集



新着PR情報