RSS

反タクシン派実業家、山中で遺体見つかる 殺人で運転手ら逮捕

2013年6月14日(金) 02時36分(タイ時間)
逮捕された運転手(左から2人目)の画像
逮捕された運転手(左から2人目)
エカユットさんの車の画像
エカユットさんの車
反タクシン派実業家、山中で遺体見つかる 殺人で運転手ら逮捕の画像
反タクシン派実業家、山中で遺体見つかる 殺人で運転手ら逮捕
【タイ】反タクシン元首相派として知られるタイ人の男性実業家、エカユットさん(54)が7日から行方不明になり、12日、タイ南部パタルン市の山中で遺体でみつかった。

 この事件で、タイ警察は13日までに、エカユットさんの運転手(25)とその父親の陸軍曹長らタイ人の男4人と女1人を殺人などの容疑で逮捕した。運転手は犯行を認めている。

 調べによると、運転手はエカユットさんの首を絞めて殺害し、エカユットさんが銀行から下ろした現金500万バーツを奪った。その後、父親に200万バーツを渡し、死体隠しを手伝わせた。警察はこれまでに、奪われた金のうち420万バーツを回収した。

 エカユットさんはネズミ講で財を成し、逮捕を免れるため、1985年から20年間、国外で逃亡生活を送った。時効後、タイに帰国し、2006年以降、反タクシン派のデモに度々参加した。今回の事件については、政治絡みの暗殺ではないかといううわさも流れている。
《newsclip》

特集



新着PR情報