RSS

旅行者物価が安い都市 ハノイ2位、バンコク6位

2013年6月15日(土) 19時23分(タイ時間)
【ベトナム、タイ、マレーシア】世界最大の旅行口コミ情報サイト、トリップアドバイザーが世界49都市で旅行者の出費を比較調査した「旅行者物価指数(トリップインデックス)」の2013年版で、旅行者物価が安い都市の2位にハノイ、6位にバンコクが入った。

 2人で旅行した場合の1日の出費を、宿泊費(4つ星ホテル1室)、夕食(2人分のコースとボトルワイン)、タクシー代(約3・2キロ)、カクテル代(5つ星ホテルのバーで2杯)から算出した。3月25日―4月12日に調査し、4月19日の為替レートで円に換算した。

 ハノイはホテル1万1272円、タクシー598円、夕食3594円、カクテル1785円の合計1万7250円だった。

 バンコクはホテル1万701円、タクシー307円、夕食6844円、カクテル1864円の計1万9716円。

 クアラルンプールはホテル1万1635円、タクシー208円、夕食6911円、カクテル2573円の計2万1327円で7位だった。

 最も安いとされたのはブルガリアのソフィアで1万5521円。その他の都市はブダペスト1万8962円、リスボン2万3012円、アテネ2万3990円、北京2万4767円、台北2万5120円、プラハ2万5543円、ジャカルタ2万5670円、イスタンブール2万6690円、香港2万8592円、バルセロナ2万9460円、ソウル2万9784円、ローマ3万1646円、シンガポール3万9276円、東京3万9457円、リオデジャネイロ4万1825円、ロンドン4万4216円、シドニー4万5116円、パリ5万118円、ニューヨーク5万532円――など。
《newsclip》

特集



新着PR情報