RSS

マレー半島に煙霧、一部で「不健康」レベル

2013年6月15日(土) 19時23分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア環境局によると、マレー半島南部では15日、煙霧が発生し、一部で空気質指数(AQI)が「不健康」レベルを記録した。

 不健康レベルとなったのは、ジョホール州のムアル、パシルグダン、マラッカ州マラッカの3カ所。クアラルンプール郊外でも視界が低下している。

 マレー半島部では、インドネシア・スマトラ島での焼畑農業や森林火災などが原因で、季節風による煙霧にしばしば襲われる。
《newsclip》

特集



新着PR情報