RSS

工業用硫酸銅でピータン加工、中国当局が生産停止命令

2013年6月18日(火) 03時42分(タイ時間)
【中国】工業用の硫酸銅で加工された皮蛋(ピータン)が見つかった事件について、江西省工商局は15日、30社に対して問題製品の生産・販売を全面的に禁じたと発表した。

 同省中部の南昌市を中心に、工業用硫酸銅の違法食品添加が広がっている事実が発覚したため。南昌市の全国皮蛋シェアは最大で15%に上るとされる。

 国営テレビの中央電視台(CCTV)による14日の暴露報道を受けた措置。南昌禽蛋加工廠などが江西銅業(358/HK)製の工業用硫酸銅を使用し、食用に適さないことを知りながら食品に添加していた事実をCCTVが明らかにした。工業用の硫酸銅には、ヒ素、鉛、カドミウムなどが不純物として含まれている。工業用の硫酸銅を違法使用すると、生産期間が約1カ月ほど短縮され、コストの引き下げにつながるという。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報