RSS

バンコクの爆破事件、タイ深南部で容疑者逮捕

2013年6月19日(水) 02時07分(タイ時間)
【タイ】5月26日夜にバンコク都内ラムカムヘン・ソイ43通りの路上で爆弾が爆発し、7人が重軽傷を負った事件で、タイ警察は17日、容疑者のタイ人男(24)を深南部ナラティワート市で逮捕したと発表した。

 容疑者は取り調べに対し、仲間3人と爆弾を仕掛けたことを認めた。

 ナラティワートなどタイ深南部ではマレー系イスラム武装勢力による爆弾テロが頻発している。警察はニュースクリップに対し、今回のバンコクでの爆弾事件と深南部の武装勢力の関連について、「詳しいことは明らかにできない」とコメントを拒否した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】26日午後8時39分、バンコク都内のラムカムヘン・ソイ43通りの路上で爆発が起き、7人が重軽傷を負い、店舗2軒が破損した。タイ警察はゴミ箱の中で手製爆弾が爆発したとみて捜査を進めている。

バンコクでの爆弾事件、過去6年半で37件newsclip

【タイ】タイ字紙クルンテープトゥラキットによると、バンコク都内で起きた爆弾事件は2006年末から今年5月26日までに37件に上った。

タイ深南部支配の象徴、パヤタニ大砲の模型爆破newsclip

【タイ】11日、タイ深南部パタニー市のクルセモスク前で、約200年前の大砲「パヤタニ大砲」の模型が爆破され、砲身が2つに折れるなど大破した。タイ治安当局は深南部のタイからの独立を目指すマレー系イス...

特集



新着PR情報