RSS

「スターバックス」の中国1号店舗が閉鎖へ、賃料負担に耐え切れず

2013年6月20日(木) 01時42分(タイ時間)
【中国】中国本土で開業した「スターバックス・コーヒー」1号店舗が21日に閉鎖される。北京市・朝陽区建国門外大街1号のショッピングモール「国貿商城」に入居し、1999年の1月から営業を続けていた。従業員は他店舗に配属される。中国広播網が18日付で伝えた。

 コスト増が閉店理由とみられる。店舗の賃料は、年間で700万人民元(約1億800万円)を超えていたとされる。

 1971年に米ワシントン州シアトルで設立されたスターバックスは、全世界に1万8100店を展開。うち中国本土には約230店を構える。向こう3年内をめどに、中国でさらに1000店を開業させる計画。地方中核都市に積極的に出店する予定だ。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報