RSS

タイ政府、コメ買い取り価格を引き下げ 巨額損失懸念で政治判断

2013年6月20日(木) 01時51分(タイ時間)
決定を伝えるタイ政府の報道官の画像
決定を伝えるタイ政府の報道官
【タイ】タイ政府は19日、コメの事実上の買い取り制度であるコメ担保融資制度に関する臨時閣議を開き、現在1トン1万5000バーツの籾(もみ)の買い取り価格上限を6月30日から1万2000バーツに引き下げることを決めた。

 また、籾を担保に受けられる融資について、1世帯当たり年50万バーツの上限を6月20日から設定する。これまでは上限がなかった。

 今回の決定に対し、コメ生産者は強く反発。一方、コメ輸出業者は競争力が回復するとして歓迎の意向を示している。

 コメの担保融資制度は2011年8月に発足した現政権の目玉政策のひとつで、同年10月に導入された。今年6月12日までに、国際相場より数割高い価格で4047万トンを買い取り、費用は5887億バーツ(約1兆8000億円)に上った。購入したコメの販売額は計760億バーツにとどまり、巨額の損失が生じる見込みとなっている。また、タイ産コメは価格上昇で輸出量が激減し、昨年、1981年以来初めて、コメ輸出世界一の座から転落した。

 こうした状況を受け、野党やコメ輸出業者などが買い取り価格の引き下げを要求。政府は支持層である農家の離反を恐れ、決断を遅らせてきたが、これ以上の先送りは財政規律の面から危険で、世論の支持が得られないと判断したもようだ。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ・コメ輸出業者協会によると、2012年のタイのコメ輸出量は1—11月が前年同期比36・7%減の640・5万トン、通年で推定690万トンで、1981年から守ってきたコメ輸出世界1の座から転...

【タイ】世界銀行は19日に発表したタイ経済に関するリポートで、タイ政府が2011年10月に導入した事実上のコメ買い取り政策に言及し、政府の損失額が1150億—1500億バーツに上るという見通しを示し...

Mod-zilla-version 2  cartoon by Stephffnewsclip

Stephff ( Stephane Peray ) 

特集



新着PR情報