RSS

タイ製即席めんから禁止添加物 横浜市が販売中止命令

2013年6月20日(木) 01時51分(タイ時間)
ワンタイ・フーズ・インダストリーの即席めん(タイ市場向け)の画像
ワンタイ・フーズ・インダストリーの即席めん(タイ市場向け)
【タイ】横浜市は17日、市内の量販店で販売されていたタイ製即席めんから、日本では使用を認められていない添加物である酸化防止剤「TBHQ」が検出されたため、この製品の販売中止を指示し、輸入者を管轄する東京都に通報したと発表した。

 禁止添加物が検出されたのはタイの即席めんメーカー、ワンタイ・フーズ・インダストリー製の「ヤムヤムタイヌードル(トムヤムクンフレーバー)」 。現在のところ、この製品による健康被害の届出はない。

 TBHQは製品中の油脂成分の酸化を抑制する目的で添加される抗酸化物質で、米国、中国など十数カ国で使用が認められている。

 ワンタイ・フーズ・インダストリーによると、タイではTBHQの使用が認められ、同社のタイ向け製品にはTBHQが使用されている。ただ、日本向けの製品はTBHQの代わりにビタミンEを使用し、別のラインで生産しており、なぜタイ国内市場向けの製品が日本で売られていたかは現在調査中だという。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】スウェーデンの家具大手イケアは4日、タイの店舗がスウェーデンから輸入したミートボールの検査をタイ保健省に依頼して実施した結果、ウマのDNAが検出されたと発表した。このミートボールはスウェー...

【タイ】日本の厚生労働省は17日、今年4月と9月に輸入されたタイ産の未成熟エンドウ、その加工品から、基準値の倍の農薬ジフェノコナゾールが検出されたとして、輸入者に対し、食品衛生法第26条第3項に基...

【タイ】タイ食品薬品委員会は9日、5月26日—6月25日にバンコク都内の生鮮市場、スーパーマーケットで販売されていた野菜・果物1987点の残留農薬検査を行い、3・47%から基準値を超える残留農薬を検...

【タイ】バンコク都庁が2010年に都内の市場130カ所で実施した調査で、食材・食品のサンプル3073点のうち722点から、バクテリアや使用が禁止されている化学品が検出された。検出されたのは漂白剤、...



新着PR情報