RSS

シンガポールの煙霧「危険」レベル 過去最悪更新

2013年6月20日(木) 15時35分(タイ時間)
【シンガポール、マレーシア】マレー半島南部では、インドネシアの森林火災による煙霧がさらに悪化し、シンガポールでは大気汚染指数(PSI)が20日午後1時(現地時間)に371となり、過去最悪を更新した。

 PSIは301以上が「危険」レベルとされている。その後も指数はやや低下したものの、依然危険レベルで推移している。チャンネル・ニュース・アジア(電子版)などが伝えた。

 シンガポールの市街地では視界が極度に悪化しており、近くの高層ビルもかすんで見えない状況となっている。店頭ではマスクが売り切れ、住民の健康不安が高まっている。

 一方、隣接するマレーシアでもジョホール州を中心に煙霧が観測されており、マラッカ海峡に面したムアルでは、同国基準の大気汚染指数(API)が午前11時に383に達し、ムアル地区では21日、学校閉鎖措置が取られた。
《newsclip》

注目ニュース

シンガポールの煙霧、指数が過去最悪にnewsclip

【シンガポール】マレー半島ではインドネシアの森林火災による煙が季節風に乗って起きた煙霧が深刻化しており、シンガポールでは3時間平均大気汚染指数(PSI)が19日午後10時(現地時間)に過去最悪の3...

【マレーシア】マレーシア環境局によると、マレー半島南部では15日、煙霧が発生し、一部で空気質指数(AQI)が「不健康」レベルを記録した。



新着PR情報