RSS

シンガポールの煙霧、指数がまた過去最悪更新

2013年6月21日(金) 15時55分(タイ時間)
20日朝のシンガポールの煙霧。視界が極度に悪化している。同国北西部ブキパンジャン地区で撮影(読者提供)の画像
20日朝のシンガポールの煙霧。視界が極度に悪化している。同国北西部ブキパンジャン地区で撮影(読者提供)
【シンガポール】インドネシアでの焼畑農業を主因とするシンガポールの煙霧は21日、さらに悪化し、大気汚染指数(PSI)が正午(現地時間)に401となり、前日に続き過去最悪を更新した。同指数は夜間一時低下したものの、再び301以上の「危険」レベルで推移した。

 シンガポール政府はインドネシア・スマトラ島での延焼地点での消火を求めるため、インドネシア政府と緊急協議を行ったが、雨が降るまで根本的な解決は難しい見通しだ。煙霧は隣接するマレーシアの南部でも深刻化している。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール、マレーシア】マレー半島南部では、インドネシアの森林火災による煙霧がさらに悪化し、シンガポールでは大気汚染指数(PSI)が20日午後1時(現地時間)に371となり、過去最悪を更新した。

シンガポールの煙霧、指数が過去最悪にnewsclip

【シンガポール】マレー半島ではインドネシアの森林火災による煙が季節風に乗って起きた煙霧が深刻化しており、シンガポールでは3時間平均大気汚染指数(PSI)が19日午後10時(現地時間)に過去最悪の3...

【マレーシア】マレーシア環境局によると、マレー半島南部では15日、煙霧が発生し、一部で空気質指数(AQI)が「不健康」レベルを記録した。



新着PR情報