RSS

中国:江蘇省で来月から最低賃金12―16%引き上げ、南京は2.35万円に

2013年6月25日(火) 00時51分(タイ時間)
【中国】江蘇省で7月1日から最低賃金が引き上げられる見通しだ。すでに省政府の合意は得られている。複数の本土メディアが22日付で伝えた。

 地域別の月額最低賃金は、南京市や無錫市、常州市を含む1類エリアで1320→1480人民元(↑12.1%、約2万3500円)、2類エリアで1100→1280人民元(↑16.4%約2万300円)、3類エリアで950→1100人民元(↑15.8%、約1万3500円)に調整される。時給の最低額は、地域ごとに11.5→13.0人民元(↑13.0%)、9.6→11.0人民元(↑14.6%)、8.3→9.5人民元(↑14.5%)に設定された。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】今年第1四半期のサラリーマン月額賃金に関する調査で、上海市が国内主要都市で最高の平均7112人民元(約11万6300円)に達したことが分かった。

【中国】広東省で1日から最低賃金が約19%引き上げられた。各地域の額は、第1エリアの広州で月額1550人民元(約2万3000円、↑19.2%)、時給15.0人民元となる。以下、第2エリアの珠海、仏山、東莞、中山で月額1310...

【中国】雲南省の人力資源・社会保障庁は27日、省内の最低賃金を5月1日から引き上げると発表した。調整幅は約15%。1類地域(昆明市・五華区、盤龍区、西山区、官渡区、安寧市)は1100→1265人民元(約1万9900円)...

【タイ】バンコク日本人商工会議所が2012年11、12月に会員企業1419社を対象に行った「2012年下期タイ国日系企業景気動向調査」(回答企業381社)で、タイの最低賃金が2013年1月から全国...

特集



新着PR情報