RSS

タイの太陽光発電会社SPCG、合計出力137メガワットに

2013年6月26日(水) 14時46分(タイ時間)
【タイ】タイの太陽光発電事業会社SPCGは25、26日に新たに太陽光発電所5カ所が稼働し、運転中の太陽光発電所が21カ所、合計の出力が137・2メガワットになった。電力はすべてタイ地方電力公社(PEA)に売電する。

 新たに運転を始めた5カ所は東北部ナコンラチャシマ県、ブリラム県、中部ロッブリ県に立地し、出力は合計28・8メガワット。太陽光発電パネルはすべて京セラ製を使用。
《newsclip》

注目ニュース

中電出資のタイ企業、6カ所目の太陽光発電所が運転開始newsclip

【タイ】タイの太陽光発電会社ガンクン・パワージェンは22日、タイ中部ナコンナーヨク県シージュラー郡に建設したシージュラー太陽光発電所が21日に商業運転を開始したと発表した。出力8メガワット、敷地面...

出力84メガワット、タイ最大級の太陽光発電所完成 シャープが建設newsclip

【タイ】シャープは29日、三菱商事などが出資するタイの発電会社ナチュラル・エナジー・ディベロップメント(NED)から受注した太陽光発電所が完成したと発表した。

【ミャンマー】タイの太陽光発電会社グリーン・アース・パワー(タイランド)はミャンマーに設備容量210メガワットの太陽光発電所を建設する。2日、ミャンマー・エネルギー省と覚書に調印した。同社顧問のシ...

特集



新着PR情報