RSS

住商、ベトナムで製粉事業 韓国食品大手と合弁

2013年6月27日(木) 04時23分(タイ時間)
【ベトナム】住友商事は26日、韓国食品大手CJチェイルチェダンと合弁でベトナムに小麦粉、ミックス粉の製造販売会社を設立すると発表した。

 ベトナムで食文化の西洋化にともない小麦粉、小麦粉関連製品の需要が増加すると判断。主に水産加工品やベーカリーといったハイエンド製品向けで早期のシェア獲得を目指す。

 新会社は「CJ-SC GLOBAL MILLING」(予定)で、CJが51%、住友商事グループが49%出資。南部のバリアブンタウ省に工場を設け、2015年3月に稼働する予定。製造能力は小麦の挽砕能力で年間16万トン。総投資額は4400万ドルを見込む。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】日東富士製粉は冷凍食品の原材料であるプレミックスなどを製造するベトナム子会社「Nitto-Fuji International Vietnam(NFIV)」の工場(ベトナム南部ビンズオン省ベトナム・シンガポール工業団...

【ベトナム】昭和産業は18日、ベトナムの調製粉大手インターミックス(ホーチミン市)に30%出資することで合意した。伊藤忠商事も5%を出資する。

【タイ】日清製粉は8日、タイ子会社で小麦粉を製造する日清STC製粉の生産能力を今冬をめどに日量40トン増の280トン(小麦ベース)に増強すると発表した。投資額は約3億円。タイと周辺国の需要増に対応...

特集



新着PR情報