RSS

バンコク郊外で巨大エイ捕獲 体長4メートル

2013年6月27日(木) 04時26分(タイ時間)
【タイ】25日昼ごろ、バンコクの東郊チャチュンサオ県を流れるバンパコン川で、体長約4メートル、幅約2・8メートルの巨大な淡水エイが水面を漂っているのがみつかり、地元の住民が捕獲した。

 エイは捕獲されてすぐに死んだ。現場はバンパコン灌漑ダム近く。タイ字紙タイラットなどが報じた。

 タイではバンパコン川のほか、中部のチャオプラヤ川、ピン川、メークロン川、東北部のメコン川などに巨大な淡水エイが生息している。今月17日には東北部ナコンパノム県のメコン川で体長3メートル、幅2メートル、推定体重約200キロのエイが網で捕獲された。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】17日、タイ北部カムペンペット市を流れるピン川の浅瀬に巨大なナマズ2匹が乗り上げているのがみつかり、地元の人が捕獲した。1匹は体長286センチ、体重180キロ、もう1匹は体長228センチ、...

【タイ】昨年11月下旬から今年1月6日にかけ、アンダマン海に面したタイ南部パンガー県カオラムピー・ハードターイムアン国立公園の砂浜で、ウミガメの産卵が10回確認された。ウミガメの卵は高値で取引され...

オオトカゲがニワトリがぶり タイ北部スコータイnewsclip

【タイ】28日午後7時ごろ、タイ北部スコータイ市郊外の民家に、体長1メートルを超えるミズオオトカゲが入り込み、家で飼っていたニワトリを捕食した。通報を受け駆けつけた地元のボランティア団体の職員がこ...

タイ国会天井裏に1・5メートルのミズオオトカゲnewsclip

【タイ】22日、バンコクの国会議事堂の天井裏に体長約1・5メートルのミズオオトカゲが潜んでいるのがみつり、翌23日、タイ災害対策局の職員15人が出動し、天井のパネルを外すなどして、トカゲの捕獲に成...

特集



新着PR情報