RSS

中国:新疆ウイグルで暴動、民族対立で27人が死亡

2013年6月27日(木) 04時26分(タイ時間)
【中国】新疆ウイグル自治区中部のトルファン地区で26日午前6時ごろ、発生した暴動で少なくとも27人が死亡する事件が起きた。

 このほか複数の負傷者も出ている。少数民族のウイグル族と漢民族の衝突による騒乱という。原因などの詳細はまだ明らかにされていない。政府系メディアなどが26日付で伝えた。

 ピッチャン県魯克沁鎮でナイフを所持した武装グループが公安局や政府施設、建設現場などを襲撃し、警官や市民など17人(警官・警備員9人、市民8人)を殺害。警察車両が放火された。一部は逃走したものの、警察が武装グループの10人を現場で銃殺。3人の身柄を拘束したようだ。

 現場に近い同自治区ウルムチ市では、4年前の2009年7月5日に騒乱が発生。中国政府側の統計で合計197人が死亡する「新疆7.5事件」に発展した経緯がある。現地では民族問題をめぐる緊張が続いているようだ。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】新疆ウイグル自治区カシュガル巴楚県で23日午後1時半ごろ(現地時間)、大規模な襲撃事件が発生した。警官と「社区(住民組織)」職員が計15人死亡(ウイグル族10人、漢民族3人、モンゴル族2人)、2人(...

【中国】内モンゴル自治区のシリンゴル盟で今月22日、遊牧民と漢民族による衝突事件が発生していたことがこのほど分かった。

【中国】約半月にわたって炭鉱を封鎖していた村民数千人が11日、出動した武装警察など2000人あまりに鎮圧された。双方で衝突が生じるなか、複数の負傷者も出たとされる。

特集



新着PR情報