RSS

中国:江西公安局幹部の妻が高利貸し業、娘夫婦は強引な取り立て屋

2013年6月28日(金) 19時12分(タイ時間)
【中国】「江西省武寧県公安局幹部の妻が高利貸し業を営み、その娘と娘婿は暴力まがいの取り立てをやっている」とする内容の告発がネット上で注目を集めている。

 書き込みをしたユーザー名“周朝”によると、6月17日午後1時半ごろ、男数人の集団に拉致されて工場の建設現場に連行され、殴る蹴るの暴行を受けたという。これは郭という女の高利貸しから借り入れた5万人民元(約80万円)の返済が滞ったため、郭がみせしめのためにやらせたものだと説明。その上で、郭は江西省武寧県公安局幹部の黄修武氏の妻で、男たちを雇ったのはその娘と娘婿であると告発した。“周朝”は暴力を受けた後、さらにホテルに監禁されだが、自力で逃げ出したとしている。

 “周朝”の告発はネット上で話題騒然となり、公安局も捜査に乗り出した。公安局は6月25日までに違法監禁、暴力行為の容疑で、寧(姓のみ公表)、黄(姓のみ公表)容疑者ら5人を逮捕。うち4人を刑事拘留とした。事件の首謀者とされる高利貸し業の郭については、現時点で逮捕されていない。ただ当局者は同案件がいかなる人物と関連性があろうとも、法律に基づき厳正に取り締まると強調している。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】広東省東莞市の幹部が監禁された事件で同市公安は19日、同幹部が賭博場を違法開設・経営の黒幕だったとして、同幹部を含む4人を、監禁罪に問う容疑者3人とともに刑事拘留したと発表した。中国新聞網が20...

【中国】広東省深セン市に住む男性がインターネットで知り合った女性と湖北省武漢市で会ったところ、女性の仲間らに身柄を拘束され、現金やキャッシュカードなどを奪われる被害を受けた。

特集



新着PR情報