RSS

建設中の高速道路橋梁落下 タイ東部シラチャー

2013年7月2日(火) 02時11分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、6月30日夜、東部チョンブリ県シラチャーで、建設中の高架高速道路の橋梁が十数メートル下の地上に落下し、作業員1人が鎖骨を折るけがをした。

 橋梁は長さ数十メートルで、片側が地上に落ち、もう一方の側が橋脚の上で、坂道のような状態。現場を調査したタイ国道局の調査官は「工事の問題ではなく、雨で地盤が緩んだのだろう」と話した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】28日午後5時半ごろ、タイ中部アユタヤ県タールア郡の農村地帯で、パーサク川に架かる長さ110メートル、幅2・2メートルの吊り橋が崩落し、バイクや徒歩で橋を渡っていた4人が死亡、23人が重軽...

【タイ】タイのテレビ報道によると、10日午前3時ごろ、バンコク都タウィーワタナー区のブロムラーチャチャナニー通りで、大型トレーラーに積まれた石油プラットフォームの部品が高さ約6メートルの歩道橋に衝...

【マレーシア】6日午後7時20分(現地時間)ごろ、ペナン州の島部とマレー半島部を結ぶ第2ペナン大橋につながる接続道路の高架部分で橋げたの崩落事故があり、落下した橋げたが下を走行していた乗用車を直撃...



新着PR情報