RSS

中国:国務院、今月中旬に下期マクロ経済政策の方針を決定か

2013年7月3日(水) 02時56分(タイ時間)
【中国】中国国務院が7月中旬(上期経済指標の発表前後)にも、年央の経済情勢分析会議を開催する見通しだ。

 毎日経済新聞によると、同会議ではマクロ経済政策の中期方針を決定する。下期に関しては、経済情勢の不透明感の残るものの、(李克強・首相をはじめとする新政権が打ち出している)経済成長よりも構造改革に軸足を置くスタンスが維持されるとの見方が多い。

 李首相のこれまでの発言からみて、下期の経済政策で重要なカギを握るのは、(1)これまで供給した資金を活性化させること、(2)新たに供給した資金をうまく使うこと、(3)都市化を推進すること――の3点。いずれも新味に欠けるものだ。

 あえて期待するならば、(3)の都市化推進計画。景気刺激につながる新政策が打ち出された場合は、マーケットに対して一定のインパクトを与えよう。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】外資系金融機関による中国経済へ悲観的な見方が相次いでいることに対し、政府系メディアが反撃に乗り出した。

【中国】国際機関の間で、中国の経済成長見通しを下方修正する動きが相次いでいる。

特集



新着PR情報