RSS

深セン市政府がタクシー車両1.5万台をEV更新か 地元メーカーのBYDに商機

2013年7月3日(水) 02時56分(タイ時間)
【中国】深セン市内を走行するタクシー車両について、すべてが電気自動車(EV)に切り替えられる――との観測が流れている。

 深セン市のタクシー車両台数は前時点で約1万5000台。計画が実現されれば、EV生産に注力する地元メーカーの比亜迪(BYD:1211/HK)にとって、大きな商機が訪れる格好となる。複数の香港メディアが2日、市場筋情報として伝えた。

 広東省・深セン市龍崗区葵湧鎮延安路に本拠を置くBYDは、海外受注でも成果を収めつつある。同社は6月27日、米カリフォルニア州バス運営最大手のロサンゼルス郡都市圏交通局(MTA、metro)と電動バス「K9」25台を供給することで合意した。まず試験的に5台を納入し、評価後に残り20台を追加する予定とされる。

 今年5月には、ロングビーチ(カリフォルニア州)の輸送システムから電動バス「K9」10台を1400万米ドルで受注済み。この受注第1弾は2014年6月の引き渡しを見込む。

 現地生産に向けて、今年5月初め、カリフォルニア州南部のランカスターで組立工場を竣工させた(事前に古い自動車工場を購入、改修している)。「K9」を専門に組み立てる。14年には年産能力を50~100台に増強する。価格は1台当たり80万米ドル(約7840万円)に設定した。充電スタンドなど含めると総額は100万米ドル。空調システムや座席など部品の7割は米国、エンジンや電池など残り3割は中国から調達する。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

電気自動車レース「フォーミュラE」 来年バンコクで開催newsclip

【タイ】2014年から始まる国際自動車連盟(FIA)主催の電気自動車レース「FIAフォーミュラE選手権」の開催地の1つにバンコクが選ばれた。

【タイ】タイの首都電力公社(MEA)は電気自動車を2012—2015年に年5台、計20台を購入する計画だ。予算は6000万バーツ。今年は三菱自動車に2台、中国の自動車メーカー、比亜迪汽車(BYD)に...

【タイ】タイの首都電力公社(MEA)は1日、バンコク都内プルンジット通りの本社ビル敷地にタイ初の電気自動車充電スタンドを開設した。2013年までにバンコク都内の10カ所に電気自動車充電スタンドを設...

特集



新着PR情報