RSS

軌道交通設備機器で中国企業が1・2位独占、売り上げ世界首位は北車

2013年7月3日(水) 17時51分(タイ時間)
【中国】軌道交通設備・機器の販売額で中国企業が世界1位と2位を独占するなど、突出した存在感を示している。中国北車(601299/SH)と中国南車(CSR:1766/HK)は、2015年をめどに海外市場のシェア20%超をそれぞれ獲得する考えという。南方日報が3日付で伝えた。

 世界首位の中国北車は、2012年通年で売り上げが146億9600万米ドルに拡大。2年連続で世界首位の座を確保した。2位の中国南車は143億8200万米ドルに拡大している。一方、純利益の額では中国南車が上位。中国北車の33億8400万人民元(約5億4800万米ドル)を上回る40億900万人民元(約6億4900万米ドル)の利益を上げた。

 売り上げランキングの3位以下は、カナダのボンバルディア(81億4000万米ドル)、ドイツのシーメンス(77億2900万米ドル)、フランスのアルストム(70億2800万米ドル)、アメリカのGE(56億800万米ドル)、日本の川崎重工業(13億8300万米ドル)などと続く。
 ある統計によると、中国北車の2007~11年にかけての電気鉄道車両、地下鉄車両、鉄道貨物車両の出荷台数はそろって世界トップ。それぞれの世界シェアは28%、21%、12%に達した。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

タイ国鉄、中国製ディーゼル機関車20台購入newsclip

【タイ】タイ国鉄は25日、中国の大手鉄道車両メーカー、中国南車製の電気式ディーゼル機関車20台と部品の購入契約に調印した。総額6700万ドルで、2年以内に納車される。

【シンガポール】川崎重工は8月29日、同社シンガポール法人と中国の南車青島四方機車車両がシンガポール陸運庁から地下鉄車両132両(22編成)を受注したと発表した。受注額は177億円で、納入は201...



新着PR情報