RSS

タイ航空、札幌―バンコク増便 10月末から毎日1往復

2013年7月3日(水) 17時57分(タイ時間)
【タイ】タイ国際航空は現在週4往復の札幌―バンコク線を冬期スケジュール(2013年10月27日―2014年3月29日)から毎日1往復に増便する。使用機材はエアバスA330―300型機(ビジネスクラス36席、エコノミークラス263席)。

 観光などで日本を訪れるタイ人に対し、7月からビザが免除されたことから、タイ人の訪日は急増が予想される。タイ人の間で北海道旅行は特に人気が高く、需要が見込めると判断した。

 タイ航空の札幌―バンコク線は北海道と東南アジアを結ぶ初の定期便で、2012年10月末に週3往復で就航、同年12月末から週4往復に増便された。
《newsclip》

注目ニュース

【東南アジア】日本の外務省は25日、東南アジア各国に対する査証(ビザ)の免除・緩和措置を7月1日から開始すると発表した。

【タイ】タイ国際航空の総2階建て超大型旅客機A380が成田空港に着陸した際に、左右に大きく揺れながらバウンドしてタイヤから激しく白煙を上げる映像がインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」に投...

【アジア】日本政府観光局(JNTO)によると、5月に日本を訪れた外国人(推計値)は前年同月比31・2%増の87万5400人で、5月としては過去最高だった。円安、航空座席供給量の増加などが追い風とな...

【タイ】16日朝、タイ国際航空TG314便コルカタ発バンコク行きのエアバスA330―300型機がバンコクのスワンナプーム空港に着陸後、滑走路上でタイヤを交換し、旅客ターミナルへの移動が2時間遅れる騒...

【タイ】13日午後6時20分発予定のタイ国際航空TG475便バンコク・スワンナプーム空港発シドニー行きのボーイング747―400型機で故障がみつかり、使用機材を変更したため、出発が4時間以上遅れた。...



新着PR情報