RSS

バンコク空港―東部ラヨン間高速鉄計画、日本コンサルタンツなどに調査設計委託

2013年7月3日(水) 17時57分(タイ時間)
バンコク空港―東部ラヨン間高速鉄計画、日本コンサルタンツなどに調査設計委託の画像
バンコク空港―東部ラヨン間高速鉄計画、日本コンサルタンツなどに調査設計委託
写真提供、タイ国鉄
バンコク空港―東部ラヨン間高速鉄計画、日本コンサルタンツなどに調査設計委託の画像
バンコク空港―東部ラヨン間高速鉄計画、日本コンサルタンツなどに調査設計委託
写真提供、タイ国鉄
バンコク空港―東部ラヨン間高速鉄計画、日本コンサルタンツなどに調査設計委託の画像
バンコク空港―東部ラヨン間高速鉄計画、日本コンサルタンツなどに調査設計委託
写真提供、タイ国鉄
プラパット・タイ国鉄総裁の画像
プラパット・タイ国鉄総裁
写真提供、タイ国鉄
バンコク空港―東部ラヨン間高速鉄計画、日本コンサルタンツなどに調査設計委託の画像
バンコク空港―東部ラヨン間高速鉄計画、日本コンサルタンツなどに調査設計委託
写真提供、タイ国鉄
バンコク空港―東部ラヨン間高速鉄計画、日本コンサルタンツなどに調査設計委託の画像
バンコク空港―東部ラヨン間高速鉄計画、日本コンサルタンツなどに調査設計委託
写真提供、タイ国鉄
【タイ】タイ国鉄は1日、バンコク郊外のスワンナプーム空港と東部ラヨン市を結ぶ高速鉄道の調査・設計を日本コンサルタンツ(東京都千代田区)、オリエンタルコンサルタンツ(東京都渋谷区)など5社に計2・5億バーツで委託した。

 スワンナプーム空港からチャチュンサオ市、チョンブリ市、パタヤ市を経てラヨン市に至る総延長約200キロで、14カ月で調査・設計を終え、2014年中に入札を実施、2019年開業を目指す。ほとんどの区間をタイ国鉄の既存の線路に並行して建設し、土地収用を最小限に抑え、工期の短縮を図る。

 タイ国鉄はバンコク都内バンスー―スワンナプーム空港間にも高速鉄道を走らせ、バンコク―ラヨン間221キロを1時間15分で結ぶ計画を検討中。最高時速は250キロ。総事業費約1000億バーツを見込む。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】日立製作所の中西宏明社長が来タイし、8日、バンコクのタイ首相府でインラク首相と会談した。タイ首相府によると、中西社長はタイの高速鉄道整備計画に関心を示した。

【タイ】タイ運輸省の高官は3日、北部ピッサヌローク県で行ったセミナーで、タイ政府が建設を計画している高速鉄道4路線のうち、バンコク―北部チェンマイ(745キロ)の一部、バンコク―ピッサヌローク(38...

【タイ】タイ運輸省は高速鉄道4路線の事業者入札要項を4月中に閣議に提出し、第3四半期中の入札実施を目指す。落札者は1者で、4路線とも同じシステムで開発・運営されることになる。同省によると、入札には...



新着PR情報