RSS

東芝、シンガポールの鉄道車両モーターシステム受注

2013年7月5日(金) 03時36分(タイ時間)
【シンガポール】東芝は4日、シンガポールの鉄道会社SMRTから永久磁石同期モーターシステムを受注したと発表した。

 シンガポールのジュロンイースト―マリーナベイ(ノースサウスライン、総延長約45キロ)とジュークーン―パシリス(イーストウエストライン、約57キロ)の2路線を走行する車両396両のシステムを既存のものから置き換える。2015年初めに2編成12車両分の機器置き換えを完了し、1―2年間の試験運用を経て、残りの車両の置き換えを行う。置き換えにより、消費電力の従来比30%削減を見込む。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】日立製作所は11日、ベトナム初の都市鉄道となるホーチミン市都市鉄道1号線(ベンタイン―スオイティエン間)の車両など設備一式をホーチミン市人民委員会鉄道局から受注したと発表した。契約額は約...

【ラオス】東芝は13日、中国のグループ会社東芝水電設備(杭州)がラオスのナムオウ川流域に建設されるナムオウ第5水力発電所向けの8万キロワット水車発電機3台を中国の中水電海外投資から受注したと発表した。

【シンガポール】東芝は1日、シンガポールの郵便事業会社シンガポール・ポストから、郵便物自動処理システム一式を約36億円で受注したと発表した。2014年3月から順次設備を納入し、同年10月末までに旧...

【ミャンマー】東芝は26日、ミャンマー最大の都市ヤンゴンに支店を開設し、5月から営業を始めると発表した。現地で市場調査、情報収集を行う。

【タイ】東芝は10日、タイ、ラオス、カンボジアの社会インフラ事業を統括し、複数事業にまたがる案件やスマートコミュニティ向けの受注活動を行う新会社「 東芝アジア・パシフィック・タイ」(資本金600万バ...



新着PR情報