RSS

兼松、ベトナムの酪農飼料事業に進出

2013年7月7日(日) 19時51分(タイ時間)
【ベトナム】兼松(東京都港区)は4日、ベトナムの乳製品メーカー、ダラットミルクに出資し、酪農飼料供給で業務提携すると発表した。

 共同で酪農用配合飼料センターを設立し、2015年までに本格稼働する。コーンサイレージなど酪農用発酵飼料を製造、ベトナム、日本、韓国などに供給する。2019年までに年産規模10万トン以上を目指す。

 兼松は今回の提携で、ダラットミルクに飼料原料の牧草、コーン、大豆粕などを供給するほか、ベトナムでの酪農用飼料の販売拡大、飼料原料の生産拠点拡充を図る。

 ダラットミルクは夏でも冷涼なベトナム中南部のダラット高原で、数千頭分の原乳を集荷し、飼料作物の栽培生産も行っている。粉ミルクやロングライフ牛乳が主流のベトナム市場で、新鮮なフレッシュ牛乳やヨーグルト製品を高級スーパーやコーヒーショップなどのハイエンド市場を中心に供給し、販売規模を過去5年間で10倍以上に拡大した。2012年の売上高は5・5億円。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】兼松は3日、休眠状態となっているヤンゴン駐在員事務所(ミャンマー)を9月1日から再開すると発表した。兼松は1942年にミャンマーに拠点を開設したが、同国軍事政権に対する欧米諸国の経済...



新着PR情報