RSS

雨乞いロケットが観客席直撃、3人死亡 タイ東北部

2013年7月9日(火) 02時04分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、7日午後、東北部カラシン県で、手製ロケットを打ち上げる祭りの最中に、発射されたロケットが空中で反転して観客席を直撃し、タイ人男性2人(53、24)と女性1人(46)が死亡した。

 警察は祭りの主催者を過失致死などの疑いで取り調べている。

 東北部では雨乞いのための手製ロケット祭りが広く行われている。ロケットは竹とプラスチック、火薬などで作られ、全長数メートル、重量は数キロから10キロ以上になる。通常は垂直に打ち上げ、高度数百メートルまで上昇するが、毎年、水平に飛んだり、落下時に観客に当たるなどする事故が起き、死傷者が出ている。今年5月にもノンカイ県でロケットが乗用車を直撃し2人が死亡する事故があった。
《newsclip》

注目ニュース

タイの祭事 2013年7月newsclip

6―8月 Dok Krachiao Blooming Festival 2013 チャイヤプーム県テープサティット郡パーヒンガーム国立公園

【タイ】タイのテレビ報道によると、26日午前11時半ごろ、東北部ノンカイ市で、手製ロケットを打ち上げる祭りの最中に、発射されたロケットが近くの乗用車を直撃、爆発し、運転席のタイ人男性(47)と助手...



新着PR情報