RSS

未審査の遺伝子組み換えパパイア検出 タイから輸入、福山市の業者が販売

2013年7月10日(水) 02時12分(タイ時間)
【タイ】日本の厚生労働省は9日、タイ産乾燥パパイアから日本で安全性が未審査の遺伝子組み換えパパイアが検出されたと発表した。

 ヨーロッパで未承認のタイ産遺伝子組み換えパパイアが検出されたとの報告が複数あったため、国立医薬品食品衛生研究所がタイ産パパイア加工製品4製品を国内で購入し、調査を行ったところ、このうち1製品(乾燥パパイア)から安全性未審査の遺伝子組み換えパパイアが検出された。

 この乾燥パパイアはペットフード用として輸入され、広島県福山市の業者が約6キロを購入し、食用として加工販売した。商品名は「野菜ぱぱいやお試し」と「野菜ぱぱいや」。福山市は調査結果を受け、この商品の回収を命じた。

 厚労省は地方自治体と検疫所に遺伝子組み換えパパイアの検査法を通知するとともに、9日からタイ産パパイアの輸入時モニタリング検査を開始した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】日本の厚生労働省は17日、今年4月と9月に輸入されたタイ産の未成熟エンドウ、その加工品から、基準値の倍の農薬ジフェノコナゾールが検出されたとして、輸入者に対し、食品衛生法第26条第3項に基...

【タイ】タイ食品薬品委員会は9日、5月26日—6月25日にバンコク都内の生鮮市場、スーパーマーケットで販売されていた野菜・果物1987点の残留農薬検査を行い、3・47%から基準値を超える残留農薬を検...

【タイ】タイ消費者財団は11日、記者会見を開き、今年3月にバンコク首都圏のデパートやディスカウントストアの食品売り場で販売されていた7種類の野菜(キャベツ、白菜、唐辛子など)の残留農薬の検査をタイ...

【タイ】日本の厚生労働省は19日、タイから輸入されたタイ産カミメボウキ(英語名、ホーリーバジル)から基準値を2—14倍上回る殺虫剤が検出されたとして、輸入者に対し、食品衛生法第26条第3項に基づく検...



新着PR情報