RSS

中国:買い物強要したガイドに47万円の罰金、重慶で過去最高額

2013年7月12日(金) 15時12分(タイ時間)
【中国】重慶市旅游局はこのほど、団体ツアー客に対してオプショナルツアーやショッピングを強要した観光ガイドに3万人民元(約47万円)の罰金を科したことを明らかにした。

 観光ガイドに科す罰金額としては同市で過去最高額。同ガイドが所属する旅行会社にも8万人民元の罰金を科した。10日付で重慶晨報が伝えた。

 このガイドは重慶市内の旅行会社、重慶誕地国際旅行社に所属。重慶市旅游局が今年4月に寄せられた苦情を基に調査を行ったところ、同ガイドは四川省の人気観光スポット「九寨溝」のツアーに随行した際、客にショッピングなどを強要していた。ツアーは4日間の行程で、費用は370人民元と格安。だがガイドはツアー客28人に料金150人民元のキャンプファイヤーイベントに参加することを強要したほか、ツアー終了間近には1人当たり200人民元のショッピングノルマを与え、レシートの金額が200人民元を超える客のみをバスに乗せるなどして客とトラブルになっていた。

 このガイドは重慶市旅游局に宛てて書いた「検討書」の中で、ツアー客らに謝罪し、反省の意を示す一方で、観光ガイドには基本給も社会保険もない現状を吐露。「九寨溝のツアーは、ツアー客の人数に応じてガイドが旅行会社に“人頭費”を納めなければならず、仕事の圧力は非常に大きい」と綴っていた。旅行業界関係者によると、現在は多くの観光ガイドに基本給はなく、ツアー客に買い物をさせることで店舗から得られるキックバックが彼らの収入源となっているのが実情だ。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】21日午前9時半ごろ、タイ東部パタヤ沖で、韓国人観光客25人とタイ人ガイドら計28人が乗ったボートが停泊中の別のボートに衝突し、韓国人19人とタイ人1人が重軽傷を負い病院に運ばれた。このう...

【タイ】15日午前1時ごろ、タイ東部パタヤ市の韓国カラオケバーで、ホステスのタイ人女性(31)が隣りに座った客でツアーガイドのタイ人男(35)にけん銃で腹を撃たれ重傷を負った。男は銃が暴発したと主...

特集



新着PR情報