RSS

シンガポール地場3行の格付け見通し下方修正=ムーディーズ

2013年7月15日(月) 18時38分(タイ時間)
【シンガポール】格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスは15日、シンガポールの地場銀行3行であるDBS、OCBC(華僑銀行)、UOB(大華銀行)の格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ(弱含み)」に下方修正した。

 ムーディーズは融資残高の急増に加え、シンガポールと東南アジア域内での不動産価格が上昇していることを理由に挙げた。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】日本格付研究所は2日、タイの外貨建て長期発行体格付けを「Aマイナス」、自国通貨建て長期発行体格付けを「A」で据え置くと発表した。格付け見通しはいずれも「安定的」。

【タイ】英米系格付け会社フィッチ・レーティングスは8日、タイの外貨建て長期発行体デフォルト格付(IDR)を「BBB」から「BBBプラス」に引き上げた。格付アウトルックは「安定的」。自国通貨建て長期...



新着PR情報