RSS

中国:深センで技術者不足、熟練工30万人が必要

2013年7月15日(月) 19時54分(タイ時間)
【中国】高度な技能を有する熟練工の不足が目立っている。深セン市当局がこのほどまとめた「深セン労働関係発展報告」によると、人材の不足幅は、専門技能を擁する技術者で80万人、熟練技術者で30万人に上る。

 市内の技術者数は合計234万人。うち熟練技術者は2割に満たない40万6000人にとどまる。市内企業の半数は、熟練技術者を募集していると指摘。企業側の要求する人材のレベルが高まるなか、人材育成機関などを介した再教育などを通じたスキルアップを後押しすべきと建議した。

 このほか、経済構造の変化に合わせて、第三次産業向けの人材育成を図るべきと提言している。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】広東省深セン市から香港の幼稚園に通う園児が年々増え続けている。

【中国】深セン市内を走行するタクシー車両について、すべてが電気自動車(EV)に切り替えられる――との観測が流れている。

【中国】道路の陥没事故が多発するなか、広東省深セン市内では今年に入りすでに6人の死者が出ている。多数の負傷者も報告された。地下鉄工事などに起因するものとみられる。

【中国】深セン市南山区の睿徳電子公司で23日、工場で働く全従業員1000人近くが参加するストライキが発生した。工場の移転、労働契約の変更、賃金の低さなどに抗議して職場を放棄。工場外に出て、周辺道路の車両...

特集



新着PR情報