RSS

バンコクのPM10、最悪はラチャダ・ラマ9交差点

2013年7月16日(火) 14時21分(タイ時間)
BTSサパーンクワーイ駅前の画像
BTSサパーンクワーイ駅前
BTSサパーンクワーイ駅前の画像
BTSサパーンクワーイ駅前
【タイ】バンコク都庁が2012年11月―2013年2月にバンコク都内の50カ所で行った調査で、大気中の直径10マイクロメートル以下の粒子状物質PM10の24時間平均値は1立方メートル当たり37―344マイクログラムだった。

 タイ政府の基準値は1立方メートル当たり120マイクログラム。

 PM10の値が最も悪かった5カ所は▼ラチャダピセーク通りとラマ9世通りの交差点:1立方メートル当たり167―344マイクログラム▼ロムクラーウ通りソイ56:1立方メートル当たり128―311マイクログラム▼ラマ3世通りのワットドクマーイ学校前:1立方メートル当たり132―251マイクログラム▼パホンヨーティン通りの高架電車BTSサパーンクワーイ駅前:1立方メートル当たり123―231マイクログラム▼ジャルーンクルン通りのシープラヤー交差点:1立方メートル当たり170―223マイクログラム――。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ天然資源・環境省によると、バンコク都内の空気汚染が年々悪化している。

【タイ】タイ南部のナコンシータマラート県は同県のラーンサカー郡バーンカオトンがタイで一番空気がきれいな場所だとして、6日、知事らが出席して記念式典を行った。タイ天然資源・環境省が2009年6、7月...

【タイ】タイ公害管理局によると、21日、タイ北部の8県で、直径10マイクロメートル以下の粒子状物質PM10と大気質指数(AQI)の測定値がタイの環境基準を上回った。最も状況が深刻だったのはメーホン...

特集



新着PR情報