RSS

デング熱患者、2万3000人に ベトナム

2013年7月19日(金) 02時10分(タイ時間)
【ベトナム】ベトナムでは最近、中部を中心にデング熱の流行が拡大しており、全国で年初来2万3000人が発症し、うち少なくとも5人が死亡した。ベトナムの声放送(VOV)が伝えた。

 中部では患者数が例年の2倍以上に達しており、中でもカインホア省では前年同期の4・7倍に当たる3450人の患者が出て、2人が死亡した。感染は北部や南部でも増加の兆しを見せている。
《newsclip》

特集



新着PR情報