RSS

住宅「手抜き工事」に抗議、四川省で住民1万超がデモ

2013年7月19日(金) 02時11分(タイ時間)
【中国】住宅の手抜き工事に抗議して16日午前、四川省ヒ県徳源鎮で1万人を超える住民がデモを起こした。

 集会に参加した住民は、台湾系企業・富士康(フォックスコン)の工場建設予定地に住んでいたという。富士康は2000ムー(1ムー=6.67アール)を超える土地に50億米ドルで新工場を整備する計画。これまで住んでいた数万人が追い出されて、政府の提供する「安置房」(立ち退き住民向け仮設住宅)に入る予定となっていた。

 近く「安置房」に入居する運びとなっていたものの、直近の豪雨で被災。住む前から壁の多くに亀裂が走るなど、「手抜き工事」が疑われる事態に発展した。一部の家屋では、建材の重みに耐えられずに柱が折れている。

 住民は工場前の徳富大道に集まり、「壁がもろくて亀裂が多数ある」「建て直しを要求する」などと記されたポスターを掲げ、住環境の改善を急ぐよう訴えた。その後、駆け付けた警察隊によって解散させられたという。当面は騒ぎが続く可能性がありそうだ。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】ゴミ焼却場の建設に反対し、広州市の市民約1万人が参加する抗議デモが15日に起きている。

【中国】広州市のエレクトロニクス工場で2日、従業員1000人あまりによるストライキが発生した。

【中国】河北省遵化市の党峪鎮で24日、村の住民約1000人が市内幹線道路を封鎖する事件が起きた。



新着PR情報