RSS

新疆で大型金鉱の発見相次ぐ、埋蔵量50トン

2013年7月22日(月) 02時07分(タイ時間)
【中国】新疆ウイグル自治区の東南部に位置するバインゴリン・モンゴル自治州和静県で、18日までに大型金鉱が発見された。過去6年にわたる地質調査の結果、埋蔵量が50トンに上ることが判明したという。

 他の埋蔵量は鉄87億トン、亜鉛150万トンに上る。潜在的な経済価値は1000億人民元(約1兆6210億円)を超えると見られている。

 新疆では今年5月、伊犁(イリ)河谷付近で53トンの大型金鉱が見つかったばかり。今回新たに確認された金鉱はイリの近くにある。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【ベトナム】ベトナムとニュージーランドの合弁会社「ビンディン・ニュージーランド・ゴールド」は6日、ベトナム中部のビンディン省タイソン地区でタントゥアン金鉱の開発を行う認可を取得した。投資額は1500万米...



新着PR情報