RSS

カナダのバドミントン大会決勝、タイ人選手が対戦相手襲撃

2013年7月24日(水) 15時43分(タイ時間)
【タイ】21日、カナダのリッチモンド市で行われたバドミントン・カナダオープンの男子ダブルス決勝で、試合中にタイのボーディン選手が対戦相手で同じくタイのマニーポン選手を追い回し、倒れたマニーポン選手に殴る蹴るの暴行を加える騒ぎがあった。

 世界バドミントン連盟はボーディン選手のペアを失格とし、調査を行っている。

 ボーウィン選手はチェンジエンドの際にマニーポン選手に殴りかかり、逃げるマニーポン選手をコート中追い回した。飛びついてマニーポン選手を倒し、うつ伏せになったマニーポン選手の頭や脇腹に容赦無いパンチとキックを浴びせた。2人は他のタイ人選手らにより引き離され、試合は中止された。

 ボーディン選手とマニーポン選手は元パートナーで、昨年のロンドン五輪では準々決勝まで進んだ。昨年後半にペアを解消し、何らかの遺恨があったもようだ。

 ボーディン選手は事件後、インターネットの交流サイト、フェイスブックに「人は本当の原因を知らない」、「驚き、気分を害した人もいるだろうが、我々はみなタイ人同士だ」などと書き込んだ。

 インターネットの動画投稿サイト、ユーチューブに投稿されたこの騒ぎの動画には、タイ人の視聴者から、「恥ずかしくて見てられない」、「タイの代表がこんなことをするとは我慢ならない」といった嘆きのコメントが多く寄せられた。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】14日、バンコク都心のショッピングセンター、サイアムパラゴンのホールで、ロンドン五輪から帰国したタイ選手団の歓迎式典が開かれ、インラク首相から、銀メダルを獲得した重量挙げ女子58キロ級のピ...

特集



新着PR情報