RSS

「女性に添い寝は私」 タイ破戒僧の弟が身代わり?

2013年7月25日(木) 02時28分(タイ時間)
DSIの記者会見の画像
DSIの記者会見
写真提供、DSI
DSIの記者会見の画像
DSIの記者会見
写真提供、DSI
【タイ】タイ人僧侶(34)が女性との性的関係で強制還俗処分を受けた上、詐欺と15歳以下に対する性的暴行で指名手配された事件で、この元僧侶の弟が23日、女性と関係したのは兄ではなく自分だと名乗り出た。

 元僧侶はプライベートジェット機で移動する様子を撮影した動画がインターネット上に流出し批判を浴び、その後、サングラス姿でメルセデス・ベンツの乗用車に寄りかかる写真や説法の最中に信者に空気清浄機を売り込む様子を撮影した動画、裸で女性の隣に寝ている写真などがネット上に流れ、今月13日に強制還俗処分を受け、僧籍を失った。

 弟はこのうち、元僧侶とみられる男性が女性の隣で寝ている写真について、写真に写っているのは僧侶だった当時の自分だと主張。仏教と兄の名誉を傷つけたなどと謝罪した。

 元僧侶の事件を担当するタイ法務省特捜局(DSI)は24日の記者会見で、元僧侶がプライベートジェット機の操縦席に座った写真と、元僧侶とみられる裸の男性が女性の隣で寝ている写真を比較し、耳、鼻、口の形などから、裸の男性は元僧侶だと断定。弟の主張を退けた。

 DSIの捜査で、元僧侶とその家族は2億バーツ以上の銀行預金、メルセデス・ベンツの乗用車22台などを所有していたことが明らかになり、元僧侶が大仏や病院の建設をうたい集めた多額の寄付金を着服した疑いが浮上している。元僧侶との間に子供(11)を設けたとする女性(26)が名乗り出たことで、15歳以下の未成年者と性的関係を持った疑いも強まった。元僧侶は米国に滞在中とみられ、DSIは元僧侶の逮捕状をとった上で、パスポートを失効処分にし、米国に身柄引き渡しを求める方針だ。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】19日早朝、バンコク都心のシーロム通りで、僧侶1万人と在家信者多数による大規模な托鉢式が行われた。集まった食料などはマレー系イスラム過激派とタイ治安当局の武力抗争が続く深南部4県の寺に送ら...

【タイ】タイ人ニューハーフの美人コンテスト「ミス・ティファニー・ユニバース」の2009年大会で優勝したサラウィー・ナティーさん(24)が12日、タイ南部ソンクラー市の寺で出家式を行い、僧侶となった...

【タイ】タイ東北部ムクダハン県の仏教寺院で、住職が子ネコをかみ殺したイヌの首に死んだ子ネコを縛り付け、物議を醸している。



新着PR情報