RSS

中国:高速道路を横断中の男性、広東省で車34台にひかれて死亡

2013年7月25日(木) 02時28分(タイ時間)
【中国】広東省江門市でこのほど、高速道路を横断していた23歳の男性が走行中の車34台に次々とひかれて死亡する事故が起きた。

 男性をはねたと見られる34台はいずれも現場を去っており、警察はひき逃げ事件としてすべての運転手に対して取り調べを進めている。これまでに27件が立件され、そのうちの20人の運転手が遺族に対してすでに賠償金を自主的に支払ったという。長沙晩報が22日付で伝えた。

 男性がなぜ高速道路を横断していたのかは不明。34台がいずれもその場を立ち去ったことについて、インターネットユーザーからは「無情だ」という声が上がる一方、「高速道路上の歩行は禁じられており予測不可能だった。しかも事故は夜間に起きており、気づいた時には間に合わなかったのではないか」と運転手らに同情する意見もあった。遺族が運転手20人から賠償金を受け取ったことも議論を呼び、「どの車が致命傷を負わせたかを特定するのは難しく、この賠償方法は不合理」と指摘する声があった。

 広東博厚律師事務所の弁護士は、「運転手が人をはねたと気づいた後に車を路側帯に停めて警察に通報し、警告表示板で事故を後続車に知らせれば、このような痛ましい事故は防げたはず」と述べている。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【中国】深セン市内で今年上半期に発生した交通死亡事故で、加害者が現場から逃走する割合が過半に達している実態が報告された。

【タイ】世界保健機関(WHO)がまとめた2010年の人口10万人当たりの交通事故死者数はタイが38・1人と世界で3番目に多かった。1位は人口1500人程度の島国ニウエで68・3人、2位はドミニカ共...



新着PR情報