RSS

上半期のタイ人訪日53%増、20万人

2013年7月26日(金) 15時49分(タイ時間)
【アジア】日本政府観光局(JNTO)によると、1―6月に日本を訪れた外国人(推計値)は前年同期比22・8%増の495万4600人で、上半期で過去最高を記録した。

 国・地域別で最も多かったのは韓国人で132万200人(前年同期比38・4%増)。以下、2位台湾人102万9700人(同49・4%増)、3位中国人53万6200人(同27%減)、4位米国人39万7100人(同9・9%増)、5位香港人33万6100人(同43・1%増)、6位タイ人20万1900人(同52・7%増)、7位オーストラリア人13万1700人(同25・1%増)――だった。

 東南アジアからはシンガポール人8万3200人(同23・4%増)、マレーシア人7万1500人(同16・5%増)、インドネシア人6万5200人(同50・1%増)、フィリピン人5万6400人(同28・2%増)、ベトナム人4万100人(同52・1%増)――。
《newsclip》

注目ニュース

タイで訪日旅行フェア、ビザ免除で滑り出し好調newsclip

【タイ】日本の観光庁・日本政府観光局(JNTO)が主催する個人旅行に特化した訪日旅行フェアが18日、バンコク都内のショッピングセンター、セントラルプラザ・ラマ9で開幕し、平日にもかかわらず、大勢の...

【東南アジア】日本の外務省は25日、東南アジア各国に対する査証(ビザ)の免除・緩和措置を7月1日から開始すると発表した。

特集



新着PR情報