RSS

タイ食品大手CPF、約30億バーツでロシアの豚肉生産会社買収

2013年7月28日(日) 23時31分(タイ時間)
【タイ】タイの大手財閥CPグループ傘下の食品大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)は25日、ロシアで養豚などの事業を行うノルウェー企業ロシア・バルティック・ポーク・インベストメント(RBPI)を買収すると発表した。買収額は約30億バーツを見込む。

 RBPIはロシア西部のカリーニングラード州、ニジニノブゴロド州などで事業を行っている。2012年は売上高約14億バーツ、最終利益約3億バーツだった。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ最大級の財閥CPグループ傘下でタイでコンビニエンスストア「セブンイレブン」を展開するCPオールは23日、タイで卸売りディスカウントストア(DS)「マクロ」59店と冷凍食品店5店を運営する...

【タイ】タイ最大級の財閥CPグループ傘下のタイ通信大手トゥルーは2012年の売上高が前年比24・2%増の893・8億バーツ、最終損益が74・5億バーツの赤字だった。2011年は27・4億バーツの赤字。

【タイ】タイの大手財閥ジャルーン・ポーカパン(CP)・グループ傘下の食品大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)は2012年の売上高が前年比73%増の3571・8億バーツ、最終利益が17%増の1...



新着PR情報