RSS

パイプラインから原油50トン流出 サメット島の海岸が真っ黒に

2013年7月30日(火) 03時24分(タイ時間)
【タイ】27日朝、タイ東部ラヨン市沖約20キロで、タイ国営石油会社PTTの石油パイプラインが破損し、原油約50トンが海中に流出した。

 流出した原油は28日から、リゾート地のサメット島のプラーオ湾の海岸に漂着し、浜辺を黒く染めた。地元当局、軍などが除去作業を行っているが、サメット島ではすでにホテルのキャンセルが出るなど影響が広がっている。
《newsclip》

注目ニュース

サメット島のバンガロー3軒、不法占拠で営業停止処分newsclip

【タイ】タイ東部ラヨン県のカオレムヤー・ムーコサメット国立公園当局は12日、ラヨン県サメット島のバンガロー3軒を立ち入り調査し、営業停止処分にした。

【タイ】タイ東部ラヨン県沖のサメット島に建設された公営ふ頭で、完成式典から4日後の12月25日、ふ頭の先端の海中に建てられた鬼女像が倒壊した。地元当局は「波が強かったためだ」として、建設を請け負っ...



新着PR情報