RSS

江守商事、ミャンマーに現地法人

2013年7月31日(水) 02時31分(タイ時間)
【ミャンマー】江守商事は29日、2014年1月をめどに、ミャンマーに貿易業務を行う孫会社を設立すると発表した。

 新会社は「エモリ・ミャンマー(予定)」(資本金10万ドル)で、江守商事のシンガポール子会社が60%、中国子会社が40%出資。「日本企業の信用力」、「中国人の人脈と機動力」、「東南アジア諸国連合(ASEAN)の金融ハブであるシンガポール」という3つの強みを生かし、ミャンマーと日本、中国、インド、ASEANとの貿易推進を図る。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】江守商事は10日、アジア地域の統括会社エモリ・アジア・ホールディングス(シンガポール)が保有するタイの精密プラスチック成型品メーカー、タイ・ウスイ(資本金1億バーツ)の株式42・5%を合弁...



新着PR情報