RSS

タイ、2013年から個人所得税率引き下げ

2013年7月31日(水) 18時32分(タイ時間)
【タイ】タイ政府は30日の閣議で、個人所得税率の引き下げ法案の修正案を承認し、国会提出を決めた。新しい税率は現行の5段階から7段階になり、当初の予定通り、2013年から適用する。

 新しい税率は年間所得が▼30万バーツ以下:5%(現行は10万バーツ以下:5%、10万1―30万バーツ:10%▼30万1―50万バーツ:10%(現行10%)▼50万1―75万バーツ:15%(現行20%)▼75万1―100万バーツ:20%(現行20%)▼100万1―200万バーツ:25%(現行30%)▼200万1―400万バーツ:30%(現行30%)▼400万1バーツ以上35%(現行37%)――。

 年間所得15万バーツ以下については現在、勅令で個人所得税の課税が免除されており、税率引き下げ後もこの措置は継続される。

 税率引き下げによる税収減は年250億バーツに上る見通し。
《newsclip》

注目ニュース

Allianz Ayudhya Assurance Pcl. Ms. Pimlada Thanusakdumrong Japanese Language Y.I.E.A Japan Manager Platinum 126 GDP



新着PR情報